スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
十三夜 読み方の視聴配信
2007 / 10 / 26 ( Fri )
[日記]十三夜
今日は、旧暦9月13日でいわゆる十三夜の日らしいですが、外に見える夕月を見るとえらく欠けてる感じなんですが、こんなもんなのかな。ちなみに、十五夜を見た人は、十三夜も見ないといけないらしい。(続きを読む)


十三夜
満月ではないものの確かに月が明るいと感じていたのだが、そんな設定もあったなんて・・・・・・ 十三夜、実はこの歳になるまで知らなかった私。。。 この風習は中国にはなく、日本独自のものらしい。(今年は10月23日) ちなみにうちの地域では、十五夜 ...(続きを読む)


十五夜と十三夜は後の月は同じ場所で…!
十五夜と十三夜は後の月は同じ場所で…! 今夜は十三夜。後の月です。 まん丸お月様ではないのですが、十五夜の頃よりも更に空が冴えて美しい月. です。それというのも、十五夜の頃は台風や秋の長雨で空も曇っていること. が多いのですが、この十三夜の ...(続きを読む)


十三夜
昨日は十三夜でしたね。 おつきさまはみえましたか? 私は夕方、近所まで明日の食パンをかいにでかけました。 17時をまわってからひとり、 松葉杖で歩くということにもだいぶなれました。 松葉杖に蛍光シールでもはるかなーなんて思いますけれど。 ...(続きを読む)


十三夜をご存知ですか?
きのう10月23日は十三夜だったんだそうです。 お月見というと十五夜が有名ですが、 日本では古くから、十三夜もまた美しい月であるとされていたそうです。 「十三夜に曇りなし」とも言われ、きのうも例外ではなく満月から少しかけたくらいの趣のある ...(続きを読む)



重陽の節句
重陽の節句今日(9月9日)は重陽の節句ですが、なにか特別なことをされた方はいますか?http://iroha-japan.net/iroha/A03_goseku/05_choyo.html五節句(人日1/1、上巳3/3、端午5/5、七夕7/7、重陽9/9)の中で、一番なじみが薄いように思います。私はお花を習っていた頃、「菊の重陽生け」というのをやりました。赤3本、黄3本、白3本、計9本の菊を竹筒の花器に生けさせられて、重陽の節句なるものがあることを知りました。他にも何か、行事があるとか、何かされた方がおられましたら知りたいです。(続きを読む)


月のうさぎに泊まられた方がいらしたら教えてください
月のうさぎに泊まられた方がいらしたら教えてください結婚30年目のプレゼントとして、両親を神奈川の「月のうさぎ」に招待したいと思っています。そこで、泊まった方がいらしたら教えていただきたいんですが部屋のタイプが何種類かありますよね・・・「2階屋」っていうのは、2階建てで上と下でお客さんが入るのでしょうか?また、どのお部屋がよかったか・・・など教えていただければうれしいのですが行った方や情報をお持ちの方 いらしたらアドバイスお願いします(続きを読む)


今年のお月見はいつでしょうか?お月見と言えば9月と思っていたんですが今年は10月...
今年のお月見はいつでしょうか?お月見と言えば9月と思っていたんですが今年は10月なんですか?(続きを読む)


友人の結婚式に北海道札幌市にいきます。
友人の結婚式に北海道札幌市にいきます。宿泊が中央区南2条西11丁目のホテルに泊まることになってます。婚礼が終わり、友人達4~6人でこの近くの居酒屋に行く幹事を仰せつかりました。ホテルから近いところで、焼鳥屋はありませんか?(近く、安く、おいしいところ)なければ居酒屋でも結構です。ちなみに、日曜日です。札幌の方で良いところおしえてください。(続きを読む)


月の名前で 三日月・十日夜・十三夜・二十六夜…などとありますが、どうして「いざ...
月の名前で 三日月・十日夜・十三夜・二十六夜…などとありますが、どうして「いざよい(十六夜)」だけ”いざよい”と読むのでしょうか?どなたか詳しい方教えてくださいませ m(_ _ ")m(続きを読む)



十三夜 豆とくりとが ほほ笑み合う
オーマイニュースインターナショナル
今日は「十三夜」です。各地にお月さまがこうこうと輝いています。 「十三夜」には、お団子を用意するのが一般的でありますが、同時に収穫を感謝する日としてもあがめられています。お団子の前に並ぶのは、くりと豆。その2つを通して、野菜に感謝するのだそうです。 ...(続きを読む)


一粒の大粒の艶丹波栗 中山純子
朝日新聞
十三夜、名残の月などの風雅な名もいいものですが、秋の野山の作物への感謝を込めて仲秋の名月を芋名月と呼び、後の月を栗名月、豆名月と呼ぶ名付けもいいものです。 歳時記を持ち始めたころの疑問は、八月(陰暦)の十五夜の月は特別扱いするのに、九月は満月ではなく ...(続きを読む)


名古屋でも続くビルマ(ミャンマー)民主化を求める活動・その2
JanJan
秋風が吹きわたる「豆名月」十三夜が明け、澄みきった青空を背景にはためく深紅の旗印のもと、在日ビルマ人のシュプレヒコールが、秋晴れの日差しを切り裂いて響き渡っていた。 そこには平和天国ニッポンには「最も遠い異空間」ビルマ軍事政権の強権政治と弾圧の闇に ...(続きを読む)



スポンサーサイト
13:15:04 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。